とびだせ ユズアメの森

ゲーム、ガジェット、手芸中心のお絵描き雑記ブログです

感想『炎神戦隊ゴーオンジャー』GP-40「将軍フッカツ」

  • 映画の3人がみれたのはうれしかったけど、映画みていない人へのフォローは少なめ
  • 実は和風(名)ロボはカクレンジャーの頃から好きだった
  • ツキノワにベアールソウルがはいったのはうれしかったなぁ。スペアのキャストとしてもっておいてもいいのにー
  • 次週あにー大暴走か!?

追記(映画内容フォロー)

おそらくここらへんをカバーしておくべきだったという内容として、あのスピードルにそっくりな炎神(レツタカ)たちは、サムライワールドではキャスト無しで人間の姿でいられる能力をもった炎神だったてことの説明が足りない。そこが釈然としないよ!魂のはいっていないからっぽのレツタカ(キャスト)がレツタカのソウルがこもった剣に反応するとか、サムライワールドで炎神のレツタカが現世で人間(そっくりさんというだけだけど)なとことか、レツタカたちのキャストにスピードルたちが入って戦うとか、そこが伝わってないと楽しくないから!別に映画でともに熱く戦って、いなくなったキャラだというのが伝わればいいかというとそうでもないよ!
つまり何がいいたいかというと、スピードルにそっくりなレツタカにそっくりな人間(現代)のスーツが似合うということは、スピードルも人間になれればスーツが似合うってことなのよ!(話がずれてるッ)

広告を非表示にする