読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせ ユズアメの森

ゲーム、ガジェット、手芸中心のお絵描き雑記ブログです

『侍戦隊シンケンジャー』第四十五幕「影武者」

こんな展開  あたしきいてなーーい!!!
本当こんな戦隊ヒーローみたことないよ。
戸惑うみんなの中、真っ先に「俺が家臣になってやってもいいと思ったのはタケルだけ」と立ち上がった千明。侍だの家臣だの一番こだわっていた流之介も鞍替えとかしないし。そして殿の「すべて終わりだ」「(殿でなくなった俺には)びっくりするほど何もないな」てセリフが、あああああああ。OPのタケルのひざまづくシーンで、キャスト紹介に「シンケンレッド」て文字がなくなってたんだってあああああああ。
でも、たけちゃんはたけちゃんだって思っている寿司とジョニデ風の人の存在に救われる。残りの人たちだって殿は殿だって思ってる。実は影で、侍らしくない生き方と自覚しながらも必死の修行を積み、今決心をかため侍として表にでてきたも家臣が自分をみてくれないという姫ちゃんもまたかわいそうなのです。じいがむかつくからなんかむかつく感じになっててかわいそうだが。じいにうるさいうるさいいうところが初期の殿ぽい。

広告を非表示にする