読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせ ユズアメの森

ゲーム、ガジェット、手芸中心のお絵描き雑記ブログです

「美女と野獣」はオタク女子と非モテ男子のシンデレラストーリーだったのか

劇団四季のミュージカル「美女と野獣」を観てきました!もともとディズニーの「美女と野獣」のセリフや歌を覚えてるくらい好きなので、観劇後ディズニー的にくるくるまわりながら道を歩きそうなほど楽しかった!!


美女と野獣」の素敵なところは、ヒロインの「美女」ことベルが、ほかのお伽話のヒロインとは違い普通の娘・・・身分的には一般ピープルだけど頭のいい娘であるところなんだよね。ディズニープリンセスとかくくられても、一人だけでお姫様ではない。最初から最後まで、読書が好きで好奇心の強い発明家の娘。子供の頃からここがイチオシなポイントだった。

舞台を観て、ディズニー版の記憶より、「野獣」がへたれキャラになっていると感じた(いい意味で)。おどおどしたり、自信なくしたりが強調されかわいげがあるというか。「現代の草食系男子ブームの反映かねー」なんて友人とは話していたけど、恋愛する意思(恋愛に対する危機感)がある点と外見へのコンプレックスから、ネットスラングでは「非モテ」の方が近いのかなと思った。
非モテとは - はてなキーワード (ここでは、"恋愛に憧れるが、自分はモテないと思い込んでいる人たち"という意味で使います)

さらに「悪役」にあたるキャラクターが悪い魔法使いとか怪物ではないのも、よく考えたら特異じゃなイカ? 強くてユーモアのある街の人気者。ていうかリア充。女の子を複数はべらしつつも「でも結婚は一番美人としたいんだよねーwww」とベルにしつこく言い寄ってくる、肉食系。嫉妬から非モテくん(野獣)を街の人たちを扇動してみんなでいじめ、野獣の「リア充爆発しろ!」パワー・・・じゃなかった、ベルを守りたいという真実の愛の力に負ける。一般人にしてはなかなかひどいエンディングのような気がしてきたぞ・・・


つまり「美女と野獣」の構図は:

  1. 「美女」は、本と空想が大好きで、周りからはちょっと変な子と見られている(→オタク)。容姿も性格もよいのだが、2次元に恋するタイプ。
  2. 「野獣」は、愛し愛されなくてはいけないというプレッシャーに晒されているが、自分に自信がなく動けない(→非モテ)。自分のことを心配してくれる人たちにもあたり散らしてしまうひきこもり。
  3. 悪役は、自信・上昇志向・行動力・人望がある男(→リア充)。プライドが高く、人を見た目で判断する。

そして「美女と野獣」はこの美女と野獣の最悪な第一印象の出会いから始まり、親しくなり、恋が芽生え、結ばれるまでを描く作品と解釈できる!いいじゃん!!夢物語だろ、ディズニーだろ、と言われてしまえばその通り。でも、周囲の(最初はうざく感じる)後押し具合や、ハプニングとどきっとする瞬間、オタクの女の子への正しいプレゼントなど・・・全く参考にならないってわけではないのでは!(むしろあるある?)


すっごい話それたけど

舞台の感想としては、やはり衣装が楽しかった!元は人間で魔法で家具にされてしまっているキャラたちが、第二幕で衣装の家具化が進んでいるんだよ!ディズニー版と違い雪のシーンがないため、二人で過ごした時の流れを感じない分、野獣の必死さ(及びへたれさ)が際立ちちょっとにやにや。その穴埋めとしてちょっとした「いっきに距離を縮める」イベントがあったり。ディズニー版もこちらも好き。モップさんやタンスさんなどの、モブキャラがよりフィーチャーされてたのもよかった! わたしは歌とキャラと話がそもそも大好きなので補正もあるかもしれないけど、とてもおすすめ。なんか独自解釈風のまとめになっちゃったことが悔やまれるほど普通にすてき!Wickedも大好きだけど、びじょやじゅの方が男性にはおすすめしやすいかも。→「WICKED」の感想