読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせ ユズアメの森

ゲーム、ガジェット、手芸中心のお絵描き雑記ブログです

2011年に観た映画

映画 まとめ

年末恒例!さりげにこのシリーズも3年目となりました。今年は去年より映画を観ていなくて、特撮分も減っていて、今年公開の映画の一覧をみてもあーーーこれみたかったのに!てのがかなりあります。
いつものように高尚な感想ではなくて、作品みて今覚えてる範囲のメモですよー。

武士の家計簿

映画館のじいさんばあさん率にびびった。あと、「もし◯◯だったらどうするのですか?」→「困る!!」というやりとりがその日だけ流行った。

GANTZ

おもしろいんだけど、映画館でみせつけられるにはしんどいキモさもあり疲れた。ひやひやするの嫌いなんだよー。漫画で読もうかなぁ

劇場版 マクロスF 恋離飛翼サヨナラノツバサ

両方の歌姫のライブシーンが相変わらずよくて、未来のライブってこんな風になっちゃっててくれって思える!エンディングにも、満足。アニメを繰り返し観たいっていうのはこういう気分なんだなぁって実感する、ハイクオリティ。

塔の上のラプンツェル

この映画は転職を本気で実行にうつすきっかけになった。わりとまじで。塔の中の小さな部屋のシューボックスジオラマのような心地よい3Dに感心していたら、塔の外に出たときのぶわっと広がる瞬間に圧倒されました。描写的にもベスト3Dアニメ。

攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D

ちょうど同時期にアニメのDVDをかりていっきみしたので。映画というより攻殻機動隊に自分がこれまでふれてこなかったのに怒り心頭するくらいおもしろいね。タチコマかわいいよタチコマ

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー

映画としてではなく、リアルヒーローショー的にわりきってまとめてあり、おもしろかった!!この「おもしろかった」は、映画としてではなく、普通にショーをみてテンションが適度にあがった時のそれ。

エンジェル ウォーズ

まどか☆マギカみたいな映画だよ」ときいて。納得するとこもありつつ、全然違うじゃないコラァと。でもCGすごかった。

手塚治虫ブッダ -赤い砂漠よ!美しく-

名作らしいけどブッダみたことなかった。で、この映画はイライラするほどおもしろくなかったのが不安である。完結してないらしいが。

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦

理央メレの登場に開始5分で泣いた。あとは、敵になったときの圧倒的な「かなうわけないじゃないか」的恐怖、大人になってからは久々に感じた。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

すっごく気持ちよく終われた。ハリポタどこから観ればいいかわからないし、全部みるのめんどうという人は、1(賢者の石)と4(炎のゴブレット)とこれ(死の秘宝Part2のみでおk)を観る学習コースをおすすめします。

コクリコ坂から

こう、切り出して使えるネタ的にキャッチーな台詞(「人がゴミのようだ」などのね)が思い出せないけど、おもしろかったです!

海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 / 劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル

ゴーカイジャーは雑魚集合体の敵のコンセプトがよかった。なんで将軍なのか、コブラなのか最後までよくわからなかったよ

電人ザボーガー

元のザボーガーのノリがちゃんと伝わり、リスペクトし、さらにそれをセルフネタとしてうまく料理しつつ、でもファンのツボは外さない(みてなかったかわわからないけどそんな印象を受けた)。特撮リメイクはかくあるべきだよね。ライダーマンの中身がGACKTじゃなくても、いいんだという説得力。あと、AKIKOかわいいよAKIKO。

ステキな金縛り

「お主は賢くて、勇気もある。ただ、一つ足りないものがある。それは自信じゃ。」という言葉が良かった。逆転裁判的なキャラ個性も楽しい一作だった。

マネーボール

チームなんだけど、ただ仲良くがんばるだけじゃいけないってこと。人を数字でみて取捨選択しないといけないこと。それを実行する人のこと。見終わったあと、いろいろぐるぐる考えた。

広告を非表示にする