とびだせ ユズアメの森

ゲーム、ガジェット、手芸中心のお絵描き雑記ブログです

「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」が異彩を放ってておもしろい

生存報告

とある脳の手術で、1か月以上入院していましたが退院しました。
手術に失敗したらライダーマン的な生き方をする人生設計でしたが、とりあえず手術は成功しました。

仕事を辞め、病院やリハビリが無い日は暇なので、入院にあたり契約したhuluでコナンを見始めたらおもしろくて今年の映画(純黒の悪夢←ナイトメア)も観に行きました。

コナンの劇場版は、Huluと現役時代で半分以上カバーしましたが、ダントツ「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」がおもしろかったです。コナンファンでなくても楽しめると思います。

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年)

あらすじ(コピぺじゃないよ)

日本に絶望して自殺した10歳の少年が開発して遺した人口知能が、とある最新のVRゲームの発表会にまぎれこみ、ゲームの特別先行体験者のセレブキッズたちが人質にとられる。コナンはシャーロック・ホームズをテーマとした命がけのVRゲームに、わりとノリノリで挑む。あと、現実世界の発表会でも殺人事件が。

みどころ

  • 現実の歴史では迷宮入りした殺人鬼切り裂きジャック」VSコナン という対戦カード
  • ただのホームズオタとして輝くコナン(新一の影響で蘭ちゃんも詳しいのが微笑ましい)
  • 劇場版だけどコナンのひみつ道具は全封印という潔さ

感想

世襲制とかもう流行らないよね」という問題提起にみせかけて、現実世界の殺人事件はコナンのお父さん(工藤優作)が、ゲーム中の殺人事件はコナンが平行して解決していく、「やっぱ血は血だよね!」という最終着地点。加えて犯人も(ネタバレのため割愛)
政治家やお金もちの子供たちが序盤は悪く描かれ、終始かっこいいコナン。コナンの映画だからしゃーない。でも、血筋に関わらず、子供は無邪気で自由というメッセージもあってよかった。
お父さん(工藤優作)とコナン(工藤新一)はあまり直接会話しないのだけど、序盤のアイコンタクトと最後の一言が男親子ならではという雰囲気でかっこよかった。

コナンは今年でアニメ20周年だそうで、わたしも工藤優作の魅力がわかる歳に・・・と感慨深い。

反省

今日13日の金曜日だから切り裂きジャックの記事とかちょうどいいねと思って書き始めてはたと気づいたけど、13日の金曜日はジャックじゃなくてジェイソンだったわ。