読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせ ユズアメの森

ゲーム、ガジェット、手芸中心のお絵描き雑記ブログです

突如としてTwitterにログインできなくなり恋愛ゲームの腕が試される

この記事で言いたいこと

  • パスワードがわかっていても、正しいメールアドレスの登録がないとある日突然突然Twitterが使えなくなることがある!
  • メールアドレスが変わったら早急にTwitterのメールアドレスも変えよう!
  • パスワードは複雑なものにして使い回しはやめよう!

経緯

  • ある日、Twitterアカウント(リアル友達とのやりとりに使っている方)がアプリで見られなくなった。
  • どうやら乗っ取りにあったらしく、「引き続き使うにはパスワードを変えろ」という画面がログイン直後の画面に出て他の画面が見られない。
  • このアカウントを開設したのは数年前。アカウントに登録しているメールアドレスは、実家の両親によって解約されていた。
  • つまり、パスワードをリセットするために受け取らないといけないメールが受け取れない状況。パスワードは変更できない。
  • パスワードは変わっておらず、友人に確認してもらったところ自分の発言も第三者に荒らされた様子はない。乗っ取りは実際は行われていないようだ。疑惑の状態でロックされているということ。

Twitterのサポート相手に恋愛SLG

Twitterのサポートは自動返信みたいなメールをよこして気ままに向うがやり取りを終了するため、「この案件クローズしたのでまた新しくメールフォームから問い合わせてね」というバッドエンドが度々発生します。その度にふりだしに戻り同じ説明ルートを辿る必要があり、理不尽な分岐の恋愛ゲームでやらされているような気持ちでいっぱいになります。ノーヒントで右に曲がるか左に曲がるか出てきて、左に曲がると死ぬみたいな分岐の連続の乙女ゲームに、PSP時代に憤ってたなぁ。一部省略したりしていますが、ノリとしてはこんな感じです。


私「かくかくしかじかでログインできないのですが・・・」
Twitter「アカウントに登録しているメールアドレスとこのサポートのメールアドレスが違うから助けられないよ!」
私「アカウントに登録しているメアドは使えないんですが、了解です。パスワードもメアドもわかっているのにログインできない状態を何とかしたいです・・・」
Twitter「この案件はクローズしました」
私「おいー!」
〜BAD END〜


私「サポートのメールフォームのメアド欄は古いメアドにして、本文内に使えるメアドとさっきのサポート番号を書いて連絡と」
Twitter「 」
私「(本文読まないで古いメアドの方に連絡してるだろこいつ)」
〜BAD END〜


私「かくかくしかじかでログインできないのですが・・・」
Twitter「のっとりの疑惑があったからパスワードを変更してね!」
私「(さっきも言ったけど)かくかくしかじかでパスワードが変更できないのですが・・・」
TwitteriOSAndroidでログインしっぱなしの場合は助けられるかも!このページも見てね(URLでアプリからメールアドレスを変更する方法)」
私「ログアウトしちゃった・・・」
Twitter「じゃあ助けられないよ!」
私「ちょ、ま・・・」
Twitter「この案件はクローズしました。」
〜BAD END〜


私「かくかくしかじかでログインできないのですが・・・」
<中略>
TwitteriOSAndroidでログインしっぱなしの場合は助けられるかも!このページも見てね(URLでアプリからメールアドレスを変更する方法)」
私「(古い端末で)ログインしています。」
Twitter「この案件はクローズしました。」
私「 」
〜BAD END〜


私「iOSのアプリを使っていますが、強制的にパスワード変更画面になり、メールアドレスを変更できません。パスワードも変更できません。」
Twitter「のっとりの疑惑があったからパスワードを変更してね!」
私「(こっちのルート入ったか)(もしやこの分岐で既に・・・?)」


メアドをすぐに変えなかった自分が悪い。とはいえ、パスワードもメアドも、鍵かかってるけど最後の行動も覚えているのにこうもあっさりと締め出されるとは・・・。トゥルーエンドでアカウントが復活する日は来るのか。もう諦めた方がいいのかもしれない。

8月26日追記:諦めました><