とびだせ ユズアメの森

ゲーム、ガジェット、手芸中心のお絵描き雑記ブログです

キンプラに備えて「プリティーリズム・レインボーライブ」全部観たので各話感想とおすすめ回と前提知識

2016年に「KING OF PRISM by PrettyRhythm(以下、キンプリ)」を観て、2017年の新作「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-(以下、キンプラ)」を観る前に、そのスピンアウト元になった女児アニメシリーズの第三期「プリティーリズム・レインボーライブ」を一年かけて観たので、各話一言感想です。自分が神回と感じたものと、公式やネットの記事が厳選している回もわかるようにしてみました。

6/20時点で、dTVでプリティーリズムシリーズ及び前作のキンプリを観ることができます。

ざっくり説明

「キンプリ」は、女の子向けの「プリティーリズム・レインボーライブ」に登場する少数派の男子キャラをフィーチャーしたスピンアウトアニメで、一言で言うとイケメンが歌って踊って、煌めきに満ちた幻覚を放ちながら戦うアニメ映画。マイナーなスタートながら、「応援上映」などが話題になり人気の火がつき、めでたく今年「続編」が公開!

「キンプラ」を観るにあたり

昨年「キンプリ」は、用事の時間調整でフラッと一人で観て、「なんだこれは・・・」となりました。プリティーリズムシリーズの視聴経験なしでしたが、前作のキンプリに関していえば観なくてもストーリーがわかりました。
その後、キャラクターについて(主にカヅキ先輩について)もっと知りたくて、だらだらと「プリティーリズム・レインボーライブ」を観ていましたが、監督さんやコアなファンが、「キンプラ前にぜひ「プリティーリズム・レインボーライブ」を観て欲しい」と言っていることを知り、「キンプラ」前に駆け込みで最後まで観ました。
結果としては観てよかったです。本編も面白かったですし、一層「キンプラ」を楽しめました。

キンプラを観るにあたり・・・

  • トーリーを理解したい人:最低限、前作の「キンプリ」を観る。追加であった方が良い気がした前提知識は記事末に書きます。
  • 隅々まで感情移入したい人:「プリティーリズム・レインボーライブ」を観る。
  • 味わいつくした上で考察したい人:「プリティーリズム」他関連作品を全て観る。
  • ただプリズムの煌めきを浴びたい人:行けばわかるさ!オンリーワンの圧倒的な勢いを楽しめると思います!

クールごとのあらすじと各話感想

私個人が好きな回に「」、公式のおさらい会で上映された回に「」をつけます。また、以下の記事でオススメされているエピソードに「」をつけます。
webnewtype.com

第1クール

OPテーマは「BOY MEETS GIRL」。各キャラの加入回とマイソングの発表回から始まり、後半は大会での主人公のプリズムストーンチームと、ライバルのエーデルローズのチームとが対決が描かれます。キンプリを観た限り、プリズムショーはなんかキラキラしてればokと思っていましたが、大会になると意外と連続ジャンプ数による採点などがきっちりしていることが意外でした。

第1話 私はなる!店長にな~る

(実は、つかみはいまいちだなと思いました。)

第2話 あんにお任せ!ポップンスイーツ

(このアニメ、BOY MEETS GIRLに何の恨みが・・・!?)

第3話 クロスがいと?COOL & HOT

クロスさん、ア、ハイ。

第4話 プリズムストーンイースターにようこそ!

ちらちら出てた敵対チームが整理される回

第5話 私の歌は色♡トリドリーム

陰キャぽいコウジさんが作ったキャピキャピソングを真顔で聴く回

第6話 クールなハートがビートでヒート! 

クロスさんのマイソングかっこよすぎる。コウいとフラグ。

第7話 ガンコ親父にスイートマジック

主人公以外訳あり風な、家庭問題に焦点当てていく回(ほんの序章だったのかと後で思った)

第8話 男の勝負はダンスバトル 

華やかな敵対チームを差し置いて男子のショーが始まり「????」となりました

第9話 プリズムライブは晴れのち嵐

りんねちゃんは、謎キャラすぎていまいち好意的になれないが、ゲリラプリズムショーは謎の迫力

第10話 謎の生物 プリズムストーンに現る!

悪いヒロ様は活き活きしてるぁ

第11話 Go for ドリーミングセッション!

大会が始まったところなのにもうプリズムショーを2回やってて内容濃すぎる

第12話 はばたけ!勇気の羽

カヅキ先輩のかっこよさ

第13話 心をつなぐ虹のかけ橋 

ヒロ様の顔芸、からの〜コウジさんがキャピキャピソングを高らかに歌い上げる感動回
f:id:yzuame:20170620212715p:plain

第2クール

OPテーマは「EZ DO DANCE 」。主に敵対チームのキャラの掘り下げですが、ただの敵じゃなくてそれぞれをヒロインと見れるほどしっかり描かれており、いちいち泣きそうになります。髪を下ろしたわかなは神回の合図。べる様回は胸が苦しいです。

第14話 りんねの秘密 

総括編かと思って気を抜いてたらめっちゃ重要回だった。

第15話 おとはのメルヘンティーパーティ

いまいちキャラがつかめないおとは。

第16話 わかな、はっぴーフリーダム!にゃ 

カヅキ先輩がいちいちかっこ良いのと、わかなの家庭ではしっかりしているところがぎゅっとなる。

第17話 気高く強くべるは咲く

べる様かっこいいの一言。

第18話 俺はヒロ!絶対アイドル☆愛・N・G 

タイトルコールだけで笑う

第19話 心を結ぶいと 

コウいと回。赤い糸夏の恋回。これは神回では?

第20話 心重ねてときめきセッション!

ヒロ様がべる様に毎度贈る薔薇、毎度バラバラにされててうける

第21話 2度目のオーディション

おとははキャラつかめなかったけど、意外とロジカルで肝が座っている。プリズムジャンプに「私の」を主張してくるところが良い。

第22話 約束とスペシャルサンド 

昔のわかなかわいい

第23話 思い出運ぶプリズムの風 

若い頃のべるもかわいい!

第24話 ひとりぼっちの女王

毎度ひどいめにあう薔薇の花。これもきっとヒロ様が、、、

第25話 さよなら、べる

べる様ー!

第26話 虹を呼ぶハッピーレイン

いい最終回だった・・・!

第3クール

OPテーマは「CRAZY GONNA CRAZY」。前半はいとちゃんとコウジくんの家の問題に迫ったり、これまで謎のカリスマとして君臨していた「ジュネ様」が姿をはっきりとさせてきます。後半は、主要ヒロイン6名が、デュオショーに向けてチームの垣根を越えてペアを組むにあたり、それぞれの抱える問題に再度ぶつかります。これが女児アニメとは思えぬ重さです。デュオはどの組み合わせもシナジー抜群で大好き!

第27話 ピコック先生 怒る!

重要な話なのにタライが気になって頭に入らない

第28話 ジュネ様と一緒にプリズムトーク

ジュネ様は黒柳徹子だった

第29話 私はべる!店長にな~る♪

はりきりべる様

第30話 誓いのクロスロード

小さい頃の結(ユウ)くんがキンプリの毒気が全然ない

第31話 目指すは勇者!フリーダム!! 

カヅキ先輩かっこよすぎか

第32話 愛に羽ばたく女神 

コウジの父親についてはようやくははーんとなった ジュネ様についてはトルネード部分ばっかみてたがスタァのオーラすごかった。

第33話 トライアングル・デートにゃ♡ 

カヅキ先輩の「ちょ待てよ」いただきました

第34話 ハピなるなら手をつなごう!

客の衣装変えるシステムがよくわからない

第35話 シャッフルデュオでダメだこりゃ!

カヅキ先輩の彼氏ヅラ

第36話 お泊り会でふたりはめちゃウマ!? 

髪下ろしたわかなかわいいな!母ちゃん・・・!

第37話 哀しみのラッキースター

すごい問題にまきこまれるおとは。おとはの安定感は、ベルローズにおけるなるのポジション

第38話 聖夜にハッピーベルがなる

他のデュオの事情が重過ぎてちょっとありきたりに感じたが、スカッとした。

第39話 湯けむり!虹色カッパ伝説 

温泉回かとおもったらヒロ様ギャグ回かとおもったら意外と大事な回だった。

第4クール

OPテーマは脱TRFをし「Butterfly Effect」。前半は、波乱万丈なデュオ大会。後半はラスボス・ジュネ様に向かってヒロインたちが全力で頑張ります。果たして世界の煌めきは守られるのか・・・!?アツい連続ジャンプと、初期の頃よりずっと好きになってしまったヒロインたちの"心の飛躍"に目頭が熱くなります。

第40話 W告白?好きです先輩! 

フリーダムdisり。"わかな"か"あん"かは、フローラかビアンカかと同じくらい重要な問題ですが、私個人としてはフローラ派であると同じ感覚で"わかな"推しです。あんも好きですが。あんとわかなのデュオショー、とても可愛いです。

第41話 星がつなぐ絆

色恋に惑わされずパートナーらしくしてるおとはがかっこいいし、メルヘンプリンセス代表のおとはが「女の子も王子様になれる」ポリシーなのが意外だった!

第42話 なるピンチ!消えたラブリン

いつも元気な女の子が泣いていると辛い。カヅキ先輩の「ちょ待てよ」いただきました

第43話 天使の決意 

哲学的でよくわからなかった

第44話 虹の救世主は君ジャ! 

前回の哲学パートの解説と、勝利条件確認。カヅキ先輩の「ちょ待てよ」いただきました

第45話 薔薇の革命 

レイさまきた〜 キンプリおなじみ回

第46話 開幕!オーバー・ザ・レインボーセッション

おとは覚醒待ってた!

第47話 愛に輝く幸せの星 

重いよ!からの、なんと爽快感のあるジャンプ!

第48話 私らしく、人間らしく 

わかな回に外れ無し。べる様のジャンプの解説わかりやすかった

第49話 命燃え尽きるまで・・・ 

ジュネ様のオーラ

第50話 煌めきはあなたのそばに 

なるの「まどか」みを再評価。実質の最終回。

第51話 GIFT 

いろいろあったが、最後に男子の方のフラグも回収してくれて嬉しい。欲を言うとベルローズも観たかった。

「キンプラ」を観るにあたり最低限あった方が良いと思うざっくり前提知識

(これから「プリティーリズム・レインボーライブ」を観る方は、読まない方が楽しめます)




ネタバレ回避用余白


本当にいろいろ語りたい気分だし、全部観て欲しい気持ちがあるのですが、強いて言うなら以下は知っ得かなと・・・。

  • キンプリでの話(Over the Rainbowの三人の過去と、キンプリでの別れの話、現在のエーデルローズ生sの情報など)
  • "プリズムワールド"という別世界から使者が記憶をリセットしながら度々現世にきており、初期アバターは「りんね」という。
  • ジュネ様は本編のラスボスで、正体は愛に目覚めてバグった"りんね"。最後は消されず人間になったが、引き換えに記憶喪失に。
  • プリズムストーン」は本編でヒロインたちが所属していたお店。かつてのストリートのカリスマが切り盛りしている。
  • コウジの彼女は本編のヒロインの一人であり、キンプリにも登場するユウ(ゼウス)の姉である「涼野いとちゃん(クロス)」。なおユウくんは別のヒロイン「べる様」のファンのため、べる様とフラグを立てがちなヒロ様をライバル視している。身近に因縁ある人多すぎて、そりゃ反抗期になるわという気持ち。