読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせ ユズアメの森

ゲーム、ガジェット、手芸中心のお絵描き雑記ブログです

2009年に観た映画

最初に言っておく!
わたしは映画というものにはけっこう疎くて、具体的には2008年に映画館で観た映画は

という偏りぷりでポニョも観ていない。が、2009年映画けっこう観たなぁと思うのでここにまとめを残す。 だからこの記事は、映画ファンによるおすすめ映画とかでは全くなくて、私的感想なんだけれども、興味があれば。

ティンカー・ベル

抜群に共感し、今年は映画をたくさん観ようと思わせるに至った作品。参考:全ての理系女子に全力でおすすめする!「ティンカーベル」 - YZUAMETRON

ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにいきます〜

去年もちゃっかりカナメジャガーを観に行ってたおかげで、劇中の「誰かと思ったらジャガーくんじゃないか。要潤かと思ったよ」というてんどんネタが毎回ヒット。参考:わざわざ映画館で観るのがいいんだと思。「ピューと吹く!ジャガー 〜いま、吹きにゆきます〜」 - YZUAMETRON

007 慰めの報酬

ヒロインがかわいいのにボンドさんが前作カジノ・ロワイヤルのヒロインに執着してるので今作のヒロイン空気でかわいそうだった。

劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャー VS ゲキレンジャー

これ誕生日の日に一人で観に行ったんだっ いや、人と会う約束の谷間の時間にみたので別に寂しい誕生日送ったわけじゃなくってよ?

ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー

ベタだけどノリノリなアメリカンスクールライフ青春にときめきが止まらない!すごく楽しかった!

DRAGONBALL EVOLUTION

悟空はただのアメリカンハイスクールボーイであり、ドラゴンボールではないのは言わずもがな。ただしヤムチャはハイクオリティで一周回って原作に超忠実であり、ヤムチャ愛を感じる作品であった。

おっぱいバレー

さりげにすごい泣きましたわ。タイトルで損してるか、ギャップという意味で得をしているか・・・

ひぐらしのなく頃に

なんで観に行ったんだナンバー1映画ではあるが、若菜姫との最初の出会いともいえるので許す。魅音ちゃんははつらつしていていい脚だった。

劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦

何度目だ電王と思いながら、電王映画の中では上位に据えたい、第一作の俺誕生と双璧をなす作品だった。ただ実写映画の「腐女子彼女」(腐女子ヒロインが愛理さん役の人)の宣伝は流しちゃだめだった!!!超・仮面ライダー電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦 - YZUAMETRON

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

おもしろいのわかるんだけど、素直になれない。これは生まれて初めて2回映画館で観た映画かも。ヱヴァンゲリヲン新劇場版 - YZUAMETRON

サマーウォーズ

田舎の現実とサイバーワールドの対比がいかす。色彩も物語も舞台設定も超好み。続編とかあると自分の中で突き抜けるんじゃないかなと思。

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー/侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦

シンケンは3D映画でみればよかったぁぁていうのが悔い。お祭り映画かと思わせておいてお祭り映画なんだけど、ディケイドや味方が暗黒化する展開はお祭りにしてはヘビィで笑えた。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

上司に観ていない奴は人間じゃないって言われたので。マイケル・ジャクソンがカリスマなのがよくわかる映画。カリスマなだけじゃなくて、表現への想いとか、一緒にいるスタッフへの気遣いとか、とにかく愛を感じて、マイケル世代じゃないけど素直に尊敬したのです。

仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010

ディケイドはライダーたちのアクションと、ファンサービス的な小ネタにあふれ楽しかった!が、もうディケイドに興味が無くなっているタイミングなので、ひっぱってこれ出されてもフーンて感じはした。Wは綺麗にまとまっていて間違いなく良作。もっと長くてもよかったのに!!

カールじいさんの空飛ぶ家

奥さんの素敵さと夫婦愛はガチ。じいさんの冒険活劇ぽく煽るCMが悪いんだけど、冒険度少ないぞ。奥さんの子供時代がすごくいいのだけど、声がコハナちゃんの役者の子だった。恐ろしい子・・・!エンドロールで知ったので、確認したい!

ONE PIECE film STRONG WORLD

「ワンピース」から期待されるギャグと冒険と戦いと仲間愛と感動、すべてしっかりつまっている。ポップコーン片手にうきうき観るのにふさわしい映画。

アバター

3D字幕観てたら字幕が超飛び出してた。なんというか、すごく贅沢。3Dで奥行と立体が感じられる中カメラアングルもキャラクター目線に近く、観ているというより入っていってる。物語とかうんぬんの前にこの感覚がやばい。空飛びたい!!! 家でDVDとかで観るのには残念だろうなーと思う。

何か抜けはあるかもしれないけど、2009年映画、こんな感じで!

広告を非表示にする