読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせ ユズアメの森

ゲーム、ガジェット、漫画中心のお絵描きブログです

ゲームは高いと言われることがあるけれど

ゲーム

今週のお題「ゲーム大好き」

はてな今週のお題はゲームということで。

とりあえず最近(PS4を買ったこともあって)思うのは、ゲームは高いと言われることもあるけどむしろ逆じゃんと思うこと。こういうときありがちなのが映画に換算する手法で、

  • 映画は2時間1800円として、900円/hの趣味
  • 例えばモンハン4Gは本体同梱版25000円を買い、300時間はプレイしてるので、83円/hの趣味

爆安。映画換算しても漫画換算しても飲み会換算してもカラオケ換算してもディズニーランド換算しても多分安い。


ボードゲームなんかは複数人でできるからこれまた安い。じゃあソシャゲやアプリのガチャはとかいう話になるかもだけど、それだって何ヶ月も毎日遊んだりするものだろうし、本人にとっては採算とれてるのでしょう。

いや、もっと大きな観点でいうと、人生に与えたプラスの影響がわたしにとっては大きい。マイベストゲーム的な話をするとき、わたしは必ず「エリーのアトリエ」をあげる。これは、女の子が自分の好きな学問を学ぶため、仕事をさがしてこなし、参考書を買い、失敗もしながら自分にできることを増やし、卒業後様々な未来を迎えるマルチエンディングのシミュレーションRPG。わたしはこの影響で、義務教育中から勉強の本はおこづかいから買っていたし勉強も好きだった。ルーチンワークの中の自分の行動の積み重ね(=パラメーター)が未来の選択肢を増やすと、子供の頃に感じて行動していた。多分生涯年収とかに換算したらプラスだっただろう(雑)

仲間と巨大モンスターを倒すとか、戦国時代の戦場で活躍するとか、ゲームを通した体験や感動はプライスレスだ!とかも、陳腐だけど、わかる。ていうかおとといも、自分よりも大きなサイズのキラキラの宝箱に大興奮したばかり。わたしの日記はゲームの話で埋まることがわりとある。

楽しくやってるゲームがある日々の、ゲームやっていない時間、「次は⚪︎⚪︎行ってみようかな」「××試してみようかなー」みたいに楽しく考えながら過ごす時間は、小学校の遠足の前日みたい。友達と遊ぶゲームなら、卒業旅行の相談みたいなもの。大人になってもこんなに日々ワクワクできるなんて、ゲームってすごいなぁと思う。

大人になってから、最近ゲームやってないなという期間もあった。ゲームやりすぎてリアルな生活が退廃してやばいって反省したときもある。でもこういう、「ゲーム大好き」というお題を出されて改めて思うのは、わたしはゲーム大好きだなってことです!



写真は以前はてなハイクで描いたものをひっぱり出してみました。でもエリーのアトリエなかった、、、たるっ!

広告を非表示にする